駐車場を土地活用してぼろ儲けしよう|明るい明日がやってくる

男の人

簡単に始めることができる

ソーラーパネル

空いた土地の有効活用は様々な方法があります。市街地であれば、駐車場なども検討することができます。郊外であれば、土地付き太陽光発電がおすすめです。電力自由化により電力需要が拡大している背景を受けて話題になっているのです。

詳細を読む

土地の有効活用方法

駐車場

需要があるかどうかの判断

空いた土地の有効活用方法として駐車場経営があります。駐車場経営は、比較的コストをかけずに行う事ができるため、メリットが大きく、駐車場経営を行う人が増加しています。しかし闇雲に土地活用だからといって駐車場にすることは得策ではありません。まず、駐車場としての需要があるかどうかの検討が必要になります。近隣のすでに設置している駐車場が常に空きがあるような状態ではその土地における駐車場需要は少ないと判断できます。そのため土地活用しても収益を上げることはできません。最低限コストを取り返すことであれば、運用を開始するメリットはあるのかもしれませんが、収益を出すことを考えているのであれば、需要の判断は何より重要になります。

時間貸スタイルがおすすめ

需要があれば、土地活用のために運用を変更することが望ましいのですが、契約は時間貸しに限定すべきです。もともと一時的な運用の為であり、本来の不動産の運用に需要があれば、そちらに転換させることが第一優先になります。そのため月ぎめなど長期契約を行うと、元の運用に戻すことができなくなってしまう恐れがあるのです。そのため駐車場にする場合には、時間貸しにすることが大事です。また出入りが激しい場合には、時間貸しにした方が利益率が高いため、機材などの初期投資は必要になりますが、時間貸しスタイルを用いる方が有効なのです。土地活用になりますので、変形した土地や、起伏のある土地でも有効活用できるメリットがありのです。

定期収入を得る投資

紙幣とマンション

ワンルームマンションへの投資はマンション投資の中で注目されています。一棟マンションよりもワンルームのほうが、初期費用が安くなる点が特徴です。マンション投資の大きな魅力として、不動産オーナーに家賃収入が入ってくる点があり、給料だけでは不安な人に人気です。

詳細を読む

初心者向きの賃貸経営

お金と家

家賃保証は入居者との交渉を不動産会社に任せ、オーナーは家賃を受け取るだけのシステムで、不動産経営の初心者にも人気があります。ただし契約から一定期間は免責期間とされ、家賃収入がないので注意してください。

詳細を読む